日本の小説

俺は、こんな曲を作りたかったんだ。

電気じかけのクジラは歌うより

生活が便利になった代わり、多くの夢と仕事が奪われた。それも、いち企業の、いちサービスで。 状況の受け止め方はそれぞれだけど、音楽に関わる者たちは一様に、閉塞感をか…

ちょうどよくしあわせだ

平場の月より

青砥が、須藤と一緒に過ごした日々を思いだす形で物語は始まる。 初めは意味が分からなかったいくつかの言葉が、あとになって須藤の口から発せられるシーンがある。 …