猫……によく似た地球外生命体

あらすじ

キャプテン・マーベルに飼われている猫(によく似た地球外生命体)のチューイが、さまざまなマーベルキャラクターのところへ遊びに来る。

ヒーロー達がチューイに振り回されたり癒やされたりする絵本。

猫がいると、それだけで日常のにおいがする。
気ままに遊んで、食べて、飽きたらぷいっと顔をそむけ、あとは寝ている。

今作のチューイ(実写映画ではグースという名前だった)は地球外生命体感はゼロ。
ただかわいいだけのチューイがマーベルヒーロー達のそばに行くことで、彼らの日常を覗けるのが楽しい。

ロキの杖で遊ぼうとしてホークアイ&ブラック・ウィドウから手厳しいしつけを受けたり
グルートの体で爪を研いじゃったり
武器のそばで犬とケンカしてデッドプールの部屋と体を穴だらけにしたり

まあ、基本的に邪魔しているだけなんだけど。
困った顔をしながらも邪険にはしない、ヒーロー達の優しい一面が見られるのがいい。

猫あるあるも盛りだくさんで、ヒーローだけじゃなくヴィランもとりこにしちゃうチューイの愛らしさは天井知らず。
もう、戦わなくてもチューイがいれば宇宙は平和になるんじゃないか。

映画ではなくコミック版の設定なので、見慣れないキャラクターも結構いる。
でもそもそもセリフがなくても成立しているし、それぞれの個性や能力が垣間見えるから、知るきっかけになっていい。

猫とヒーロー好きにはたまらない絵本。