ぴゅーっと かぜが ふいて おちばが ぶわっ

あらすじ

ぴゅーと風が吹けば、落ち葉がぶわっとなって、不思議なことが起こる。

ちょっぴり寒い秋の朝、外に遊びに出たオリーと猫のパンプキンは、ちっちゃな子猫と出会う。

子猫とすぐに仲良しになったオリーは夢中になって遊び、どんどん森の奥へと入っていってしまう。

同じ橙色でも、落葉色と言えば乾燥した寂しい色に聞こえるけど、かぼちゃ色と言えば温かくて柔らかい印象になる。

この絵本にある色は、落ち葉の橙や黄や赤系、子猫の黒、あとはグレースケール。
これだけ。

ラストまでたどり着いたあとは、同じ色でも、落葉色からかぼちゃ色へと見え方が変わっているはず。

オリーは、震える子猫を抱きしめて温めてあげる優しい子。

遊びに夢中になって、つい周りが見えなっちゃうところも、子どもらしくてかわいい。

子猫が迷子だと気づき、せっかく友達になれたけど、お別れしなきゃいけないとわかった時の寂しい顔とか。

一緒に遊んでいる時には気にならなかったのに、ひとりになった途端、森の不気味さが迫ってきて心細くなっちゃった姿とか。

そばに行って、オリーをぎゅうっと抱きしめてあげたくなる。

でも、それがあるからこそ、ラストの温かさが引き立つ。

寒くなっていく時期にぴったりな、ホッとする絵本。