私は正義の味方になりたいんじゃないの。

あらすじ

復讐代行業者は、その名の通り、依頼人に代わって復讐を遂行する者たち。
公的な機関に見放されたり、頼れない事情のある依頼人の想いを引き受け、ターゲットに屈辱を与える。

6本の連作短編リベンジミステリー。

▼最新号ページの本文にはフォントストリームフォントメドレーのフォントを使っています。

出てくる人物は全員、後ろ暗いところをかかえている。

リズミカルに進む会話の裏には、常にかすかな緊張感とサスペンスの予感がただよっている。何気ない会話のようでいて、ムダはひとつもない。

そして、主人公が登場した瞬間、物語がひっくり返る。

「今日は早く終わらせなくちゃ。夜には次の依頼人に会うんですよ」
なんて言いながらひょうひょうと復讐を遂行していく主人公は、なかなかつかめないキャラクター。

依頼人に気持ちを寄り添わせているように見えるけど、それにしては冷静すぎて、ターゲットを陥れることを楽しんでいるように見えることさえある。

どこまで本気なんだろう? と気づけばひっぱりこまれていた。

もうひとつ面白いのは、時系列をさかのぼっていく作品配置。
普通は物語が進むにつれ仲間が増えていくが、この作品の場合は逆。

最後までたどり着くと、主人公は何者なのか、復讐代行業者とはなんなのかがちょっとだけ見えてくる。

復讐ものなので、当然ハッピーエンドとはいかない。

1話ごとに欺かれる鮮やかな構成と、切ない結末は、読み終えたあともしばらく余韻が残る。