ねえ とうちゃん。これは なあに?

あらすじ

古い掃除機の中に住んでいるボンボンとボンボンパパ。
掃除機の中で見つけた「おもしろいもの」で家を作って暮らしている。

けれど掃除機が動きだして……

▼最新号ページの本文にはフォントストリームフォントメドレーのフォントを使っています。

この作品に出てくる掃除機が、昔、祖父母の家にあったものとそっくりだった。
朱色のつるりとした本体に大きな持ち手がついていて、なんだかおもちゃみたいでかわいかった。

もしかしたら、ボンボンとボンボンパパが、あそこにいたかもしれない。

そう想像したら、ぐっとお話が愛おしくなった。

ボンボンとボンボンパパは、もこもこした不思議な生き物(?)。

掃除機という決して広くない、真っ暗な空間に、ふたりっきり。

せっかく作った家も、掃除機が動きだせばめちゃくちゃになってしまう。

けれど、落ち込んだり悲観したりすることはない。

好奇心旺盛で色々なものを見つけてくるボンボン。
ボンボンが見つけたものをなんでも「おもしろいもの」にしてしまう、ユーモアあふれるボンボンパパ。

いつでもポジティブに物事を捉えるふたりがすてき。

想像力で暗闇に明かりを灯す、温かい絵本。