日本の小説

虹になるのを待て……

虹を待つ彼女より

この本は、「ジャケ買い」した。 表紙のイラストは冒頭のシーンを描いたものなのだが、これがあまりに衝撃的で、裏切られた。 しかし最後まで読み進めると、表紙のイ…

「……私、そんなに悪いことした?」

噛みあわない会話と、ある過去についてより

『かがみの孤城』では、分かり合えない人間と無理に関わる必要はないという逃げ道を提示した。

この作品では、分かり合えない人間と真っ向から戦う。

一番楽な話し相手はゴンのようだ。

ゴンちゃん、またね。より

ひとり暮らしをしている人間が生き物を飼うと婚期が遅れる。毛の生えた生き物、表情のある生き物は特によくない。

私の父の言葉だ。なるほど。ごもっとも。…

子供でも、平気でうそをつく。

沈黙の町でより

初めにあらすじを読んだ時は、少年法への問題を提起する重厚なサスペンスかと思った。確かに少年が死んで、容疑者として同級生が浮上した。しかしこの作品が描いているのは、…